2014.12.30更新

ミネラルファンデーションとは?

各社ミネラルファンデーション体験談

私のおすすめはコレ!

レイチェルワイン

私の評価98

パサパサが気になる私はしっとり感の多いのでピッタリでした!

この商品詳細を見る この口コミを見る

メリット・デメリット

今使っているファンデーションをミネラルファンデーションに変えようか迷っている方は必見!
ここでは購入する前に、ぜひとも知っておきたいミネラルファンデーションのメリットとデメリットをご紹介します。

ミネラルファンデーションのメリット

肌にやさしい成分

ミネラルファンデーションは化学成分を使わず、天然由来のミネラルを原料に使っています。
ミネラルとは「無機物」のことで、肌に長時間ファンデーションが乗っかっていても、成分が変化して肌に悪影響を与えるなんてことはありません。
また、通常のファンデーションのように肌とファンデーションを密着させる油分や水分が入ってないため、毛穴も塞ぐこともありません。
そのため、毛詰まりが原因となって起こる、ニキビや炎症などの肌のトラブルも引き起こしにくくなっています。

クレンジング不要

そんなミネラルファンデーションは素肌のような仕上がりと、まるで何も付けていないかのような軽い付け心地が特徴となっています。
ミネラルファンデーションを落とすためには、石鹸でさっと洗うだけで十分です。
クレンジングは必要ありません。
ご存知の通り、クレンジングは肌のバリアの機能を破壊してしまうため、「肌をいちばん傷める行為」とも言われています。
ファンデーションを付けてから落とすまで、肌に負担をかけないのがミネラルファンデーションの最大のメリットといってよいでしょう。

ミネラルファンデーションのデメリット

密着力に欠ける

その一方で、ミネラルファンデーションにはデメリットもあります。
余分な成分を配合していないため、「密着力」に欠けてしまうのがミネラルファンデーションの難点です。
お化粧にマット感を求める方や、肌のシミやシワを気にされている方には少々物足りないかもしれません。
ミネラルファンデーションは、基本的に下地は必要ありませんが、薄付きなのが気になる方は専用下地を使ってみてもよいでしょう。

オイリーな肌質の人には不向き

また、オイル分を含まないミネラルファンデーションは、時間が経つと皮脂や汗を吸収して色が変わってしまいます。
特に、オイリーな肌質の方にはその傾向が顕著見られるようです。
オイリーな肌質の方がミネラルファンデーションを使う場合は、皮脂を吸収する下地を使ったり、細めに化粧直しをしたりすることをおすすめします。

とはいえ近年のミネラルファンデーションの人気を受け、今では様々なブランドが急ピッチで使いやすいミネラルファンデーションの開発を進めています。
通常のファンデーションに劣らないカバー力が特徴のミネラルファンデーションなども最近ではよく見られます。
ご自分の好みや肌質に合ったミネラルファンデーションをぜひ見つけてみてくださいね。

更新情報

もっと見る



PAGE TOP